男前インテリアにリメイク・DIYしてみました

賃貸でも男前インテリアにチャレンジしています

写真立てをリメイクしました

   

スポンサードリンク

写真立てをリメイクしました

 部屋に写真を飾っていなかったので、1枚くらいは飾ろうということでダイソーで写真立てを買ってきました
 色はいつもの「ダイソーの木製製品」という感じの明るい色だったので、アンティーク風にリメイクしました。
 いつもはブライワックスですが、今回はオスモカラーを使ってリメイクしました。

写真立てリメイクのbefore

【リメイク】写真立てbefore

写真立てリメイクのafter

【リメイク】写真立てafter

写真立てリメイクの材料費

【写真立て本体】
・ダイソー 写真立て(WOOD MODEL PHOTO FRAME) 108円
【塗装関係】
オスモカラーウッドワックス 375ml チーク色(微量) 3,061円+送料760円(カラーボックス(脱衣所収納)にて購入済み)
【材料費計】3,929円

【リメイク】写真立てbefore
オスモカラーウッドワックス(チーク色)

写真立てリメイクの道具代

 写真立てをリメイクするのに必要な道具です。
【塗装関係】
・マイナスドライバー(缶を開けるため) 元々あったもの=0円
・刷毛(大) 元々あったもの=0円
【道具代計】0円
【リメイク】マイナスドライバー
【リメイク】刷毛(大)

写真立てリメイクのその他消耗品代

 写真立てをリメイクするのに必要なその他の消耗品などです。
【服装】
・軍手 元々あったもの=0円
【養生用】
ブルーシート #3000 1.8m×2.7m 475円×2=950円(カラーボックス(脱衣所収納)にて購入済み)
【その他】
・ボロ布(ウエス) 元々あったもの=0円
・雑巾 元々あったもの=0円
【その他消耗品等計】950円
【リメイク】軍手
【リメイク】ブルーシート
【リメイク】ウエスで拭き取る

写真立てリメイクの作業時間

 塗装のみだと3分程度です。
 乾燥に12時間必要です。

写真立てリメイクにおいて、参考にさせていただいたサイト様

写真立てリメイクの作業手順

写真立てを分解する


 塗装するので、写真立てを分解します。
 分解と言っても、写真を外して、フレーム部分を塗りやすくするだけです。
 塗装するのはフレーム部分のみです。
【リメイク】写真立てを分解

養生する


 ブルーシートで養生します。

オスモカラーの缶をよく振る


 オスモカラーの缶を振って、中身を撹拌させます。
オスモカラーウッドワックス(チーク色)

蓋を開ける


 マイナスドライバーで蓋を開けます。
【リメイク】マイナスドライバー

オスモカラーを塗装する


 蓋を開けると、蓋の部分に塗料が付いていますので、それを刷毛に取って塗装しました。それくらい微量で、十分塗装できてしまいます
【リメイク】オスモカラーは微量でOK
 刷毛は剛毛がおすすめだそうです。ですので、使い古したカチカチの刷毛を使用しました。
【リメイク】刷毛(大)

ウエスで拭き取る


 ちょっとべったりした印象になってしまったので、ウエスで拭き取りました。

乾燥させて完成


 オスモカラーの乾燥時間は12時間です。ウエスで拭きとったため、1時間もすれば素手で触っても問題ないくらいには乾いていましたが、一応そのまま12時間は放置しました。
 ちなみに、元々フォトフレームにあった文字は消えてしまいました
【リメイク】下地の文字はほとんど消える

刷毛、ウエスの処理


 オスモカラーは自然発火の恐れがあるので、刷毛についてはしっかり洗いました。保管も暗所での保管です(暑くならないようにしています)。
 ウエスは水に漬けてから処分しました。

写真立てリメイクで出た処分品

 特になし。

写真立てリメイクをしてみて

 テレビ台に置く写真立てなのですが、オイルステイン(オーク)+ブライワックス(ジャコビアン)で塗装したテレビ台の色にかなり近い印象です。
【リメイク】テレビ台に写真立てを飾る
 ブライワックスで塗装する場合には、ウエスさえあれば気軽に塗装できますが、反面、オスモカラーは刷毛がないと塗装できません。その分面倒かなと思っていたのですが、刷毛もウエスも何でも、同じ引き出しに保管しているので、そんなに面倒な感じはしませんでした。違いは乾燥時間と刷毛を洗う時間くらいだと思います。

写真立てリメイクの経過報告

 不具合や色味の変化など、経過は随時報告したいと思います。

 - オスモカラー, ダイソー, リメイク事例 , , , , ,