男前インテリアにリメイク・DIYしてみました

賃貸でも男前インテリアにチャレンジしています

アイアン塗料なしでアイアン風に塗装するには?

      2017/01/20

スポンサードリンク

 本当はアイアン風塗料を購入し、アイアン風に塗装していくつもりだったのですが、シュッペンバイザー本体の値段(1lで8,000円)と送料からして、主婦の手は届かないので、諦めて他の方法でチャレンジしています。
 作品と一緒に実験結果を紹介します。
※2017年1月にターナー色彩のアイアンペイントを購入しました。黒ペンキよりは高いですが、シュッペンバイザーよりは安く、容量も小さいので手が出しやすいと思います。
 ターナー色彩のアイアンペイントについてまとめた記事はこちらです。

アイアン風に塗布する実験

 木材に黒ペンキを塗っていきます。
 元の木材はダイソー(100均)の植物用の木製ネームプレートを半分にしたものです。
【リメイク】ダイソーの木製ネームプレート(植物用)

黒ペンキやアクリル絵の具を刷毛で塗装する

 一番てっとり早いのが、黒ペンキを塗ってしまうことです。私はメタルラックやカラーボックスなど、「アイアン風に塗装する!」ということをすっかり忘れて塗装していましたが、なんとなくそれっぽく見えます。
 遠目で見る分には、十分アイアン風です。
【アイアン風】つや消し黒ペンキ×刷毛
 ちなみに黒ペンキを使ったリメイク品は以下のようになります。

ダイソー 黒板ペイント

 また、ダイソー(100均)に黒板ペイントという黒板塗料が売っていたので、こちらも試してみました。
 水性塗料なので扱いやすく、簡単につや消しの表現ができました。
 写真は1度塗りなので塗り残しがありますが、2度塗りすれば塗り残しはなくなるかと思います。
【ダイソー】黒板ペイント(黒板塗料)
【アイアン風】ダイソー黒板塗料

黒ペンキやアクリル絵の具を刷毛で「ポンポン」と塗装する

 同じ刷毛でも、「ポンポン」と付けるだけで、質感は異なるはず、ということで塗布しましたが、ペンキが緩すぎて通常と同じような結果になってしまいました。
【アイアン風】刷毛の塗り方を工夫してみる

黒ペンキやアクリル絵の具をスポンジで塗装する

 次にスポンジを使って塗装する方法です。「ボコッ」とした質感になるので、鉄が錆びて浮いてきたような感じを表現できるはず、ということで試しましたが、こちらもペンキが緩すぎましたので、黒ペンキのみの画像は省略させていただきます。
 ただ、サビ感を出したものは成功したので、紹介させていただきます。
 下地に赤を入れると赤錆感、青を入れると青錆感が出ます。硬いペンキでは、それなりに鉄っぽさを表現できました。
 下地にアクリル絵の具をスポンジで塗布後、乾いたら黒ペンキをスポンジで塗布しました。色を追求していけば、リアルな表現できるかもしれません。赤サビはもっと茶色に、青サビはもっと緑にすればよかったなと思います。
【アイアン風】赤のアクリル絵の具
【アイアン風】黒ペンキ×赤錆感
【アイアン風】青のアクリル絵の具
【リメイク】黒ペンキ×青錆感

黒ペンキやアクリル絵の具に木粉を入れて塗装する

 木粉を入れることによって、もっと「ボコッ」という感じを表現できます。
 粉が大きすぎると、乾いた後にポロポロ落ちてしまうので、細かい粉を使った方がいいと思います。
【アイアン風】木粉
【アイアン風】黒ペンキ×木粉

黒ペンキやアクリル絵の具に鉄粉を入れて塗装する

 どうせアイアン風にするのなら、と鉄粉を入れてみました。砂を入れる方もいらっしゃるようです。
 で、鉄粉の入手方法が分からず、砂にするか、砂鉄にするか悩みましたが、近くにありました。
 ホッカイロです。
 使い終わったホッカイロを分解して、中の砂を使うことにしました。
 鉄粉を混ぜて塗ってみた結果、木粉の方がアイアンっぽい気がしました(笑)
【アイアン風】鉄粉
【アイアン風】黒ペンキ×鉄粉

アイアン風な塗り方をしてみた結果

 黒ペンキだけでも、アイアン風といえばアイアン風です。棚など、遠目でしか見ないものは黒ペンキだけで十分かな、と思いました。
 アイアン風を極めたい場合には、木粉を塗布したあと、赤や青の下地を入れて、更にスポンジでポンポン叩くように塗れば、鉄感を表現できると思います。
 ちなみに、この木材はネームラベルとして活用しています。20枚で108円なので、1枚5.4円です。ちょっとしたネームプレートだったらこれで十分です。
【リメイク】ネームプレート

その他

 私は購入出来ていないのですが、アイアン風にするためには他にもいろんなものがあるようです。

ターナー アイアンペイント

 こんなものが出ていたとは…!
 Amazonの登録日をみると2016年10月となっています。見逃していました><
 こちらは水性ペンキで、刷毛で「トントン」と塗るとよりアイアン塗料のように見えるとのこと。
 ターナー色彩のアイアンペイントについてまとめた記事はこちらです。
マルチプライマーがあれば金属やガラス面にも塗装できます。
 200mlで1度塗りの場合、2~2.4m2塗装できるということで、通常のペンキよりは値が張りますが、Amazonでは1,500円前後と手は出しやすい価格設定ではないでしょうか。私も次のリメイクのときには絶対手に入れたいと思います。

さびカラー

 どちらかと言うと模型ジオラマやプラモデル向け。

 - リメイク事例, 男前インテリア, 黒ペンキ , , , , , , , , , , , , ,